トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

BugTrack-MDIE/200

読み取り専用ファイルのリネーム操作時に同名ファイルが2つ存在するように見える場合がある

  • 投稿者: いやま
  • カテゴリ: 本体
  • 優先度: 重要
  • 状態: 提案
  • 日時: 2007年10月16日 23時55分07秒
提案 再現性不明 着手 完了 保留 却下

内容

読み取り専用ファイルのリネーム操作時に、
同フォルダ内に同名ファイルが2つ存在するように見えてしまうバグです。

再現手順を以下に示します。
1.ある読み取りファイルを、コピーして同フォルダに作成する。
  (コピーファイルは自動的にリネームされる)
2.コピーしたファイルを選択し、右クリックメニューから名前の変更を選択する。
3.変更後のファイルをコピー前のファイルと同名にして決定すると、
  同名ファイルがある旨の警告ダイアログが表示されるので、「キャンセル」をクリックする。

以上の手順で、同名ファイルが同フォルダに存在するように表示されます。
この状態で、コピー後のファイルを削除しようとすると、コピー前のファイルが削除されます。

※Windows XP、およびWindows Vista Ultimateで再現性を確認しました。

コメント

いやま - (2007年10月17日 00時06分28秒)

追記です。
どうやら、読み取り専用でなくても同様の操作で再現するようです。

佐野 - (2007年12月25日 15時20分34秒)

手元で修正しましたが、なんでこんな仕様になっているのかMicroSoftに問い詰めたい。

お名前: コメント: