トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

BugTrack-MDIE/197

ごみ箱を開くと落ちる

  • 投稿者: ぎんが
  • カテゴリ: 本体
  • 優先度: 重要
  • 状態: 提案
  • 日時: 2007年09月02日 13時40分38秒
提案 再現性不明 着手 完了 保留 却下

内容

MDIE ver:0.300 RC5 MDIE20070602_2203
OS:Windows 2K 5.00.2195 SP4
マルチアカウント環境で一般ユーザ利用

デスクトップ上のごみ箱を開くと、即座に落ちます。

エラー内容は
→"0x73cdefe3"の命令が"0x00000000"のメモリを参照しました。メモリが"read"になることはできませんでした。
→EAccessViolationがモジュールshell32.dllの0001EFE3で発生しました。モジュール"shell32.dll"のアドレス73CDEFE3でアドレス00000000に対する読み込み違反がおきました。
の2点がでます。

開発、がんばってください。

コメント

天網 - (2007年09月08日 15時50分17秒)

>MDIE ver:0.300 RC5 MDIE20070602_2203
>OS:Windows 2K 5.00.2195 SP4
同じ環境ですが、当方ではエラーは起きていません。

考えられる可能性は3つあります。
1つ目はインストールされている他のソフトが影響しているのかも知れません。
その場合は、お使いのソフトのアップデートもしくは、アンインストールを行ってどのソフトが影響しているのか特定する必要があります。

2つ目の可能性はレジストリの異常です。
この場合の原因としては、ウイルスやスパイウェア、もしくはシステムやネットワークの高速化のためにレジストリに変更を加えた等です。

3つ目の可能性はシステム異常です。
この原因は特定するのが非常に難しいです。
1つ目と2つ目に上げた例が原因で発生している場合もあれば、HDDの読み書きのエラー、などなど例を上げれば限がありません。
この場合はリカバリーするか再インストールする必要があります。

余談ですが、先日友人のPC(Windows XP SP2)が同様の
>"0x73cdefe3"の命令が"0x00000000"のメモリを参照しました。メモリが"read"になることはできませんでした。
と言うエラーを吐いたので調べてみるとブラウザ「sleipnir」とファイアウォール「GoldTach」が原因でした。
「sleipnir」のアップデートとファイアウォールを他に乗換える事で解決しました。

お名前無し - (2007年09月12日 02時38分07秒)

他のソフトの競合が一番怪しい気がします
一度OSを入れなおして一つずつソフトを入れながら再現を試みては?めんどいですけど

ぎんが - (2007年09月17日 21時34分51秒)

コメント頂きありがとうございます。

当方、Sleipnirを使用しており、AntiVirusソフトも動作しておりますので、競合周りを調べてみます。

佐野 - (2007年12月25日 16時22分09秒)

うーん、とりあえず、設定→リスト→表示状態をすべてクリア、をしてみてください。ゴミ箱だけ更新処理が別なので、そこで落ちる可能性は泣くもないのですが、私の環境で落ちないのでなんともいえません。

お名前: コメント: