トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

BugTrack-MDIE/185

Ctrl+K(キーボードショートカット)によるフォルダ作成での挙動

  • 投稿者: vector
  • カテゴリ: 本体
  • 優先度: 重要
  • 状態: 再現性不明
  • 日時: 2007年06月21日 03時39分42秒
提案 再現性不明 着手 完了 保留 却下

内容

キーボードショートカットでフォルダを作成する際に、2個以上連続した時の挙動がおかしい。

1個目

2個目 : 1個目が2つに分身

3個目 : 1個目の分身が消えて、2個目の分身登場

といった動きをします。
パパパっと素早く行うとなるみたいです。(ゆっくりやると再現しにくい)
また、この現象を繰り返すと、一定時間固まります。

コメント

佐野 - (2007年08月07日 21時21分10秒)

うーん、Ctrl+Kを押した時点で名前の変更のところにフォーカスが行くので、連続で作成できないのですが・・・。もしかしたらスクリプトとか割り当てていませんか?

mini - (2008年12月07日 22時14分26秒)

同じ現象かと思いますが、新規作成直後にダウンロードファイルなどが同一フォルダに追加されると分身します。
あと名前の変更中だと、ダウンロードファイルとか新しくリストに現れたファイルの方に名前の変更操作が移ってしまうようです。

お名前: コメント: